変形性膝関節症に気をつけよう|痛みを和らげることができる

レディー

大豆イソフラボンの力

頭を押さえるレディー

女性ホルモンに似た働き

40代後半から50代の女性に多く見られるのが更年期障害です。暑くもないのに突然のぼせたようになったり、汗をたくさんかくようになったりといった変化が生じる場合が多いです。しかし、他にも不眠、食欲不振、うつなど様々な症状があり、どういった症状が出るかは、その方によって変わります。多様な症状のある更年期ですが、原因は一つに集約されます。それは、閉経に伴う女性ホルモンの減少です。そのため、体内のホルモンバランスが崩れ、自律神経に影響し、様々な障害が起きてしまうのです。そこで、更年期のサプリで摂取したいのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることが知られています。そのため、これをサプリで摂取することで、崩れたホルモンバランスを調整することができるのです。

適量を摂取

サプリは薬ではなく、食品です。しかし摂取のしすぎはかえって体に良くない場合もあるので注意が必要です。例えば大豆イソフラボンの一日の摂取量はサプリメントで30ミリグラムまで、と決まっています。これは大豆イソフラボンの過剰摂取が月経不順や子宮内膜症のリスクに関係しているためです。更年期にはとても効果のある栄養素なので、上限以内であれば心配はありません。一般に市販されているサプリには30ミリグラム以上の大豆イソフラボンが含まれたものはありませんので、安心して摂取できるでしょう。しかし、複数のサプリを同時に摂取する場合には、中の成分を確認して重複する栄養素が、上限値を超えないか確認する必要があります。適量を守って、更年期を楽に乗り切りましょう。